JA共済(農協)の養老保険の特徴は?

JA共済(農協)の養老保険の特徴は?

JA共済,JA,共済,農協,Q&A,養老保険,特徴

JA共済(農協)養老保険特徴を下記に列挙します。

 

(農協・JA共済の養老保険の特徴1)
JA共済(農協)の養老保険は、5年とか10年といった一定期間の被共済者(被保険者)の死亡・第1級後遺障害状態・重度要介護状態が保障されます。また、満期時にまだ生存しているときは、満期共済金(満期保険金)が支払われます。つまり、農協(JA共済)の養老保険は、「保障」と「貯蓄」という2つの機能を兼ね備えています。この養老保険に加入する人の多くは、たとえば、教育・結婚資金・リフォームなど将来の資金準備を進めつつ、同時の万一に備えることを目的にしているようです。

 

(農協・JA共済の養老保険の特徴2)
さまざまな特約を付けることで、入院・手術・通院などの保障も追加できます。

 

(農協・JA共済の養老保険の特徴3)
養老保険は掛け捨ての保険ではないので、満期時には満期共済金(満期保険金)を受け取ることができます。

 

(農協・JA共済の養老保険の特徴4)
JA共済養老保険には、中途給付特則というものをつけることができます。この特則をつけると、基本型の保障に加え、3年ごとまたは5年ごとに「中途給付金」を受け取ることができます。通常、養老保険というのは、あくまでも満期になればまとまったお金を受け取れる、という保険です。しかし、農協(JA共済)養老保険では、期間の中途でもまとまったお金を受け取ることができます。これが最大の特徴でしょう。

 


JA共済(農協)の養老保険の特徴は?関連エントリー

JA共済(農協)の養老保険はどんな保険ですか?
JA共済(農協)の養老保険は保障と貯蓄を両立させた保険です。つまり、農協(JA共済)の養老保険に加入すれば、死亡保障と計画的な貯蓄の両方を兼ね備えるわけです。
JA共済(農協)の養老保険にはどんな特約が付けられますか?
JA共済(農協)の養老保険には、さまざまな特約を付けることができます。