JA共済(農協)にバイク保険はある?

JA共済(農協)にはバイク保険がありますか?

JA共済(農協)には、単独のバイク保険(任意保険)があります。
JA共済(農協)の「一般用自動車共済」なら、単独のバイク保険に加入できます。

 

JA共済(農協)の保険に限りませんが、バイクに保険を付ける場合、2通りの方法があります。
まず、単独のバイク保険に加入する方法です。
もうひとつは、すでに加入している自動車保険に、「ファミリーバイク特約」を追加する方法です。
※いわゆる「原付バイク」以外のバイク(250ccとか400ccのバイクなど)の場合は、「ファミリーバイク特約」の対象外なので、否が応でも単体のバイク保険に加入するしかありません。

 

 

■単独のバイク保険の特徴
JA共済(農協)には「一般用自動車共済」という保険があります。
この保険は、「クルマスター」として知られるポピュラーな自動車保険とはまた別の保険で、
バイクや特殊車両などを対象にした保険です。
(一般の乗用車にも付けられますが)

 

JA共済(農協)の「一般用自動車共済」には、
自動車保険の特約としてではなく、
単独のバイク保険があるので、
これに加入すると、
十分な補償でバイクに乗ることが出来ます。

 

いま「十分な補償で」と書きましたが、
その理由は以下の通りです。

 

すでに加入している自動車保険の特約として、
「ファミリーバイク特約」に加入した場合、
掛金は低く抑えられる反面、
補償が制限されるのです。

 

「ファミリーバイク特約」では、
「対人」「対物」のみの補償になり、
運転している自分や同乗者がケガをしても、
何も補償が付かないのです。

 

したがって、
対人・対物・搭乗者というように、
相手にも自分にもしっかり補償を付けるのであれば、
単体のバイク保険に加入しなければなりません

 

もちろん、
上記の理由で、
単体のバイク保険は、
「ファミリーバイク特約」に比べて、
掛け金は高くなります。

 

※ここでひとつ確認しておきますが、
このページで「単独のバイク保険」とか「単体のバイク保険」と呼んでいるのは、
<任意保険>のことです。
<強制保険(自賠責保険)>のことではありません。
<強制保険(自賠責保険)>では、「対人」の補償しかありません。
ご注意を。

 

 

■「ファミリーバイク特約」の特徴
JA共済(農協)の場合、「ファミリーバイク特約」のことを「家族原動機付自転車賠償損害特約」と呼んでいます。

 

JA共済(農協)の「家族原動機付自転車賠償損害特約」の値段はとても安いです。
年間で数千円の追加で済みます。

 

家族原動機付自転車賠償損害特約」では、
原則として、本体の自動車保険の補償が適用されます。
ただし、適用される補償は、
「対人賠償」と「対物賠償」のみです。
搭乗者傷害等は補償されません。
つまり、<相手に対する補償のみ>ということになります。

 

ただし、補償はやや制限されますが、
JA共済(農協)の「家族原動機付自転車賠償損害特約」は、
名称にもあるように、
免許を持っている家族全員が対象になります。
年齢条件は不問です。
何歳でもバイクに乗れます。
本体の自動車保険の年齢条件が30才以上であっても、
18才の息子がバイクの運転が出来ます。

 

さらに、1台のバイクだけでなく、
2台、3台バイクがあっても、
JA共済(農協)の「家族原動機付自転車賠償損害特約」では、
全てのバイクに乗ることが出来ます。
また、友人から借りたバイクも、
この特約の対象に含まれます。

 

※JA共済(農協)の「家族原動機付自転車賠償損害特約」(ファミリーバイク特約)で対象となる「バイク」とは、
125cc以下の排気量のもの、
または、定格出力が1.00キロワット以下のものです。

 

 

●このページのまとめ
<バイクに保険を付けるには2通りの方法がある>
@単独のバイク保険に加入する
・補償が充実している
・値段は高い
A自動車保険の特約として加入する
・値段が安い
・補償が制限されている
※「原付バイク」以外の大型バイクなどは、
単独のバイク保険に加入する。

 

単体のバイク保険に加入するならこちらの比較サイトが便利です。
バイク保険の一括見積もりなら【保険スクエアbang!】

 

 

 

 

 

JA共済(農協)にバイク保険はある?関連エントリー

ファミリーバイク特約はJA共済(農協)にもある?
JA共済(農協)にもファミリーバイク特約があります。すでにJA共済の自動車保険に加入していれば、特約としてファミリーバイク特約を付けられます。